ニュースリリース

2017年11月 16日
  • データドリブン
DAC、DMP「AudienceOne®」の保有データを企業データベース等へ提供するサービス「AudienceOne Discovery」を開始

PDFファイルを表示(572 KB)

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

DAC、DMP「AudienceOne®」の保有データを企業データベース等へ提供するサービス「AudienceOne Discovery」を開始


 このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)は、DMP「AudienceOne®(※1)が保有するオーディエンスデータをクライアント企業の企業データベース(DB)等へ提供するサービス「AudienceOne Discovery」を開始します。

 これまでのCRMマーケティング活動では、企業は1st party データと呼ばれる、自社で収集した属性や購買行動などの会員情報を中心に顧客満足度を向上させる施策を実施していました。しかしながら、自社で収集した1st party データのみでは、限られたデータでの顧客分析となるため、最適なタイミングでの的確な顧客とのコミュニケーションが困難でした。そのため1st party データに加えて、外部の興味関心や嗜好性などの3rd partyデータを活用した分析を実施し、以前より詳細に顧客を可視化することで、マーケティングコミュニケーションの最適化・高度化を実現したいとのニーズが高まっています。例えば、イベント・ベースド・マーケティングといわれる手法で、顧客ごとのライフステージの変化をいち早く検知し、これをニーズ発生の契機(イベント)と捉え、顧客が求める商品提案をより精緻に実施することが求められています。

 DACが自社で開発・提供しているDMP「AudienceOne®」は、4.8億ユニークブラウザーと9,000万のモバイル広告IDの国内最大級のデータを保有し、興味関心等のオンラインデータに限らず購買データや郵便番号データなどのオフラインデータとも連携し、また特許技術によるクロスデバイス推計が可能な点を特長としています(※2)。質の高い豊富なデータを柔軟にカスタマイズすることで多種多様なセグメントを実現し、新たな広告商品の開発などに活用されています。

 このたび新たに開始する「AudienceOne Discovery」のサービスにおいてDACは、「AudienceOne®」が保有する3rd party データをクライアントの1st party データに紐付けて、データを提供します。クライアント企業のニーズに合わせカスタマイズされたデータを提供することも可能です。さらに、さまざまなプラットフォームやソリューションと連携することで、より付加価値の高いデータを提供します。
(現在連携している主な企業:アドビ システムズ 株式会社、シーセンス株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社プレイド、株式会社マルケト、株式会社ブレインパッド、Tealium Japan株式会社、トレジャーデータ株式会社、株式会社セールスフォース・ドットコム)

※アルファベット順


 DACは、広告会社や広告主に対し、自社では獲得できない3rd party データとの連携により、顧客をより深く可視化し、適切なペルソナ設計を実現することで、マーケティング活動の最適化を支援します。また、媒体社に対しては、サイト閲覧者の興味関心等を把握し、より精緻なターゲティングメニュー、レポーティングやデータエクスチェンジの開発を行うことで、マネタイズの最大化を支援します。

 今後、「AudienceOne®」と連携するプラットフォームをさらに増やし、さまざまなチャネルへのデータ提供を可能にしていきます。DACおよび当社グループは、デジタルマーケティング分野におけるサービス開発および課題解決に取り組み、インターネット広告市場の発展に貢献してまいります。


(※1)DACが開発し提供している「AudienceOne®」は、月間4.8億ユニークブラウザーと9,000万のモバイル広告ID、1兆レコード以上の膨大データを保有し、そのデータを解析して高精度な3rdパーティデータを生成/提供する国内最大級のデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)です。Webサイトの行動データやCRM、広告配信結果、パネルアンケート結果など様々なデータを統合し、分析/可視化、また豊富な連携チャネルを活用した“新規顧客の獲得”から“既存顧客へのLTV向上”までを一気通貫で実現する高度なマーケティング環境の提供を可能にします。
(※2)2016年1月26日プレスリリース 『屋外行動データを活用したメディアサービスの共同開発を開始』
http://www.dac.co.jp/press/2016/20160126_near
2016年3月24日プレスリリース『DAC、特許技術を活用したデータ解析による新たなクロスデバイスサービスを提供』
http://www.dac.co.jp/press/2016/20160324_cross_device
2016年5月26日プレスリリース『DACが高精度居住エリアターゲティング広告の提供開始』
http://www.dac.co.jp/press/2016/20160526_postnumber
(※)当社は、取得するデータに紐づいた個人情報を保持することはありません。



以  上


<会社概要>

■ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
 代表者 :代表取締役社長CEO 島田 雅也
 本社所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
 設立 :1996年12月
 事業内容

:メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーションサービス事業

※DACは、D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の100%子会社です。


■ D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社

 代表者 :代表取締役社長 島田 雅也
 本社所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
 設立 :2016年10月
 上場市場

:東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)


本件についてのお問い合わせ先

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
担当: 戦略統括本部広報担当 TEL: 03-5449-6320 e-mail: ir_inf@dac.co.jp

D.A.Consortium

Copyright D.A.Consortium
All right reserved.

IS 87953/ISO 287001

IAB Member