ニュースリリース

2014年01月 07日
博報堂DYグループ3社 「WiL 1号ファンド」への出資を決定

PDFファイルを表示(188 KB)

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
ユナイテッド株式会社

博報堂DYグループ3社 「WiL 1号ファンド」への出資を決定


 博報堂DYグループの、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎、以下博報堂DYメディアパートナーズ)、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下DAC)、ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、以下ユナイテッド)の3社は、このたび、日本最大級のベンチャー支援会社WiL LLCが設置した「WiL 1号ファンド」に出資することを決定いたしました。

 博報堂DYメディアパートナーズ、DAC、ユナイテッドは、国内最大級である300億円規模の「WiL 1号ファンド」への投資を通じ、デジタル領域を中心にしたオープンイノベーションを目指すと同時に、同ファンドの提供するサービスと連携し、人材の育成などにも取り組みます。

以  上

本件についてのお問い合わせ先

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
 担当:広報室 藤井、山崎、桐明 TEL:03-6441-9347

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
 担当:社長室 古屋、芦田 TEL:03-5449-6300

ユナイテッド株式会社
 担当:広報IR担当 e-mail:press@united.jp

【補足事項】

WiL LLCについて

 WiL LLCは、米国シリコンバレーおよび東京都港区に本社を置く、日本大手企業連合の出資による日本最大級のベンチャー支援企業です。シリコンバレーにてベンチャーキャピタリストとして活動してきた伊佐山元 氏を中心に、ベンチャー企業の発掘、育成、投資を行っております。

「WiL 1号ファンド」とは

 国内外のITベンチャー企業への投資やインキュベーションを行い、出資企業と連携することでオープンイノベーションを促進することを目指したファンドサービスです。同サービスでは、出資金を投資・運用することに留まらず、出資企業における企業内起業家や次世代のグローバル起業家の育成、教育及びコンサル機能の設置、出資企業間の連携やシリコンバレーにおける日本企業のプレゼンスアップに取り組みます。

<「WiL 1号ファンド」の投資・インキュベートの領域>

1. Mobile
次世代広告(RTB、LBS等) / 次世代メディア(SNS、映像配信等) / エンターテインメント(ゲーム、アプリ等)

2. B2B
ビッグデータ(ビジネスインテリジェンス、レコメンデーション等) / クラウドサービス(CRM、ストレージ、データベース等) / 金融系(決済、ブローカレッジ等)

3. M2M(Internet of Things)
コンスーマー向け製品(家電、自動車、住宅、ウェアラブル等)

4. O2O(Offline to Online)
次世代コマース(リアル店舗とEC) / 各種サービス(地理情報連動の広告、ゲーム、エンタメ等)

D.A.Consortium

Copyright D.A.Consortium
All right reserved.

IS 87953/ISO 287001

IAB Member