ニュースリリース

2015年06月 30日
  • グローバル
  • 提携・協業
DAC、インドネシア大手自動車企業インドモビルグループとの合弁会社を設立

PDFファイルを表示(173 KB)

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

【合弁会社設立のお知らせ】
DAC、インドネシア大手自動車企業インドモビルグループとの合弁会社を設立


 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:矢嶋弘毅、以下 DAC)は、インドモビルグループのPT IMG Sejahtera Langgeng (本社:インドネシア ジャカルタ、President Director:Jusak Kertowidjojo 、以下 インドモビル)と合弁会社を設立し、インドネシアにおいてデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)を中核とするマーケティングソリューション事業を共同で展開していくこととなりましたのでお知らせいたします。

◆業務提携の背景
近年、インドネシアのインターネット広告市場は拡大を続けており、2013年に2億6300万USドルであったインターネット広告費は2016年には12億8000万USドルまで増加すると予測されています(※1)。
インドモビルグループはインドネシアにおける二大自動車企業グループのうちの一つであり、日産、スズキ、日野自動車、アウディ/VW、VOLVO(トラック)等のグローバルブランドの工場や販売ディーラー網を展開しています。乗用車、商用自動車、大型トラックや自動車用品、部品販売のほか、自動車ローン、リース、レンタカー等、自動車関連事業を幅広く手掛けており、総合的なビジネスモデルにより、あらゆる顧客ニーズに的確に対応するサービスを提供しています。
昨今のインドネシアにおけるインターネットの急速な普及に伴い、インドモビルでは自社および関係会社のデータを一元管理し、顧客分析や広告のターゲティングなどのマーケティングに活用できるシステムのニーズが高まってきていました。
一方、DACは日本国内でDMP「AudienceOne®(※2)を広告主、広告会社、媒体社向けに展開しております。「AudienceOne®」のデータ保有量は国内最大級の4億ユニークブラウザ、1兆レコードを超えており、数年内にグローバルで10億ユニークブラウザへ拡大を目指しています。
こうした状況の中で、DACはインドモビルと協議・検討を進めてきた結果、データを活用した最先端のマーケティングソリューションに関するDACグループの知見やテクノロジーを強みとして共同事業を展開することで、両社のさらなる成長と企業価値向上に資すると判断し、今回の提携に至りました。

(※1) ZenithOptimedia社予測によります。
(※2)「AudienceOne®」は、広告配信結果、ソーシャルメディア、提携企業の3rdPartyデータなどを収集・解析し、見込顧客の発見や既存顧客のロイヤルカスタマー化などの様々なマーケティング施策に活用できる、データ・マネジメント・プラットフォームです。収集したオーディエンスデータをもとに多様なセグメントを作成し、さらにセグメントのデモグラフィック情報や、流入キーワードと掛け合わせた分析を行うことが可能です。

◆業務提携の概要
インドモビルとDACの両社は、今回の業務提携において以下の内容について合意いたしました。

①合弁会社の設立
合弁会社概要
社名 : PT Data Arts Xperience (略称:DAX)
代表者 : Andrew Nasuri, President Director
本社所在地 : インドネシア ジャカルタ
営業開始 : 2015年7月
主要サービス : マーケティングソリューション事業

②DACによるDMP「AudienceOne®」のライセンス提供
日本国内でトップシェアを誇る「AudienceOne®」をDACより新会社へライセンス提供し、新会社はインドモビルおよび関係会社における保有データの一元管理、マーケティングへの活用を支援します。

◆今後の展開について
DACグループは、これまで行動ターゲティングをはじめとする新商品開発や、ソーシャルメディアを活用したマーケティング支援など、最先端のマーケティングソリューション分野に関して、様々な取り組みを行ってまいりました。
また、近年成長を続ける東南アジア市場での事業推進のため、2012年に「DAC ASIA PTE.LTD.(DACアジア)」を設立し、シンガポールを拠点として東南アジアにおけるインターネット広告ビジネスを展開しています。
ネットマーケティングが対象とするデータは、インターネット上でのユーザー行動履歴のみならず、ユーザーの属性情報や関心事項、リアルでの消費行動など多岐に渡っており、取り扱うべきデータ量は莫大なものとなります。スマートデバイスの急速な普及・進化により、これらのデータ量は東南アジア各国においても飛躍的に増大しています。
DACグループは、データの取り扱いについては十分配慮をしながら、「AudienceOne®」をはじめとした最先端のアドテクノロジーを活用することで、適切で効果的なマーケティングソリューションを提供してまいります。またこのような活動を通じて、日本およびグローバルのインターネット広告市場の更なる発展に貢献してまいります。

以  上

<会社概要>

■ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

 代表者 :代表取締役社長CEO 矢嶋 弘毅
 本社所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
 設立 :1996年12月
 事業内容

:インターネットメディアレップ事業
 アドテクノロジー事業、オペレーション事業等

■ DAC ASIA PTE. LTD.

 代表者 :President&CEO 清水 浩
 本社所在地 :105 Cecil Street #24-02, The Octagon Singapore 069534
 設立 :2012年
 事業内容

:東南アジア地域における統合デジタルマーケティングソリューション等の提供

■ PT IMG Sejahtera Langgeng

 代表者 :Jusak Kertowidjojo, President Director
 本社所在地 :Wisma Indomobil, Jalan M.T.Haryono Kav.8, Jakarta
 設立 :1976年
 事業内容

:乗用車、商用自動車、大型トラック、自動車用品、部品等の販売、
 自動車ローン、リース、レンタカー


本件についてのお問い合わせ先
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
 担当: 戦略統括本部広報担当 TEL: 03-5449-6300 e-mail: ir_inf@dac.co.jp

D.A.Consortium

Copyright D.A.Consortium
All right reserved.

IS 87953/ISO 287001

IAB Member