ニュースリリース

2016年05月 09日
  • ソーシャルメディア
  • スマートデバイス
  • 新サービス
DACのメッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」、Facebookに対応開始

PDFファイルを表示(477 KB)

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

DACのメッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」、Facebookに対応開始
~Facebook Messenger上でOne to Oneコミュニケーションを実現~


 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:矢嶋 弘毅、東証JASDAQ 証券コード:4281、以下 DAC)は、LINE ビジネスコネクト(※1)で既に実績のある「DialogOne」(※2)において、Facebook Messenger(以下、Messenger)へのメッセージ配信に対応しましたので、お知らせいたします。

 2016
年4月に開催されたFacebook社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Zuckerberg)の開発者会議F8において、Messengerを利用した企業のチャットボットのプラットフォームが公開されました。このプラットフォームにより、企業はMessengerで見込顧客の質問への回答、カスタマー・サポート、eコマースの手続き説明など、会話形式のリアルタイム・コミュニケーションが可能となりました。
 DACではこれまで「DialogOne」を通じて、LINE上での企業とユーザーのOne to Oneコミュニケーションを推進してまいりました。今回の対応により、企業は「DialogOne」を活用することで、LINEだけでなくMessengerにおいても、ユーザーとのOne to Oneコミュニケーションを実現することができます。

 将来的には複数のメッセージングサービスを横断し、自社の顧客データとマッチングさせながら、最適な配信を行えるソリューションとして成長させていく予定です。また、欧米やアジアで利用者の多いメッセージングサービスへも積極的に対応を進め、サービスの拡張に努めてまいります。



(※1)

「LINE ビジネスコネクト」は、LINE株式会社がアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。(LINEでは、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。)

(※2)

「DialogOne」サービス概要 http://www.dac.co.jp/service/solution/dialogone


以  上



<会社概要>
■ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

 代表者 :代表取締役社長CEO 矢嶋 弘毅
 本社所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
 設立 :1996年12月
 事業内容

:インターネットメディアレップ事業
 アドテクノロジー事業、オペレーション事業等


本件についてのお問い合わせ先
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
 担当: 戦略統括本部広報担当 TEL: 03-5449-6300 e-mail: ir_inf@dac.co.jp


D.A.Consortium

Copyright D.A.Consortium
All right reserved.

IS 87953/ISO 287001

IAB Member