顧客のマーケティング課題を構造化し、最適な打ち手を考察する

ソリューションサービス本部統合プランニング部
マーケティングプランナー

園田 友輝

03

園田友輝

3つの観点から施策を立案

顧客のマーケティング課題が整理できた後に、具体的なマーケティング施策の立案を行っていきます。DACでは、主に3つの観点から施策の立案を行っているのですが、一つ目がメディアレップとして本業とのシナジー効果が高いアクイジション施策です。アクイジション施策では、カスタマー分析の結果データを踏まえて、新規の顧客獲得に向けたプロモーション施策を検討していきます。また、二つ目の施策として、既存顧客との関係維持を目的としたリテンション施策の立案を行います。特に最近ではマーケティングオートメーションツールを活用した提案が増えてきています。最後にコンテンツマーケティング施策です。広告の枠だけでは対応できないところを、コンテンツをうまく活用することでカスタマーとの接点作りをしていきます。

統合的な
コミュニケーション
戦略をサポート

私が担当している広告主の一つに大手自動車会社があるのですが、単発の施策ではなく、アクイジション施策とリテンション施策の両面をサポートしています。この2つの施策を実行できて、統合的にコミュニケーション戦略がサポートできていると言えるのではないかと思います。

アカウントエグゼクティブ

媒体社ならびに広告代理店/広告主に対しての顧客管理、営業

マーケティングプランナー

マーケティング課題の整理・構造化からデジタルマーケティング施策の立案を中心に、
その後のKPIをコントロール

D.A.Consortium