中野 貴広

プロダクト開発本部 第一データ解析部
データサイエンティスト
中野 貴広

ビジネスにおける解析テーマに対して、あらゆるデータを活用して方法論の検討・システム実装を推進

業務内容のご紹介

機械学習やディープラーニングを用いて新しいサービスや商品を作ったり、様々な業務フローを技術によって自動化し、業務効率化を図ることをミッションとして仕事をしています。

黙々と淡々と

自分で課題を発見し、仮説を立てて黙々と淡々と分析を進められるような方と一緒に仕事をしたいです。

データ分析を極めてみたい

大学院では計量経済学を専攻しており、データ分析にもともと興味がありました。DACが保有するリッチなデータを使って何か分析してみたいと思い入社しました。

日々の業務スタイル

午前中は、メールをチェックし、スケジュールとタスクの確認を行います。タスク管理をするかしないかで、仕事の効率が大きく変わってくるので、非常に重要な時間です。
午後からは集中したい分析業務に取り掛かります。分析に使うためのデータの抽出や集計を行ったり、分析モデルのコードを書いたりします。使用言語は人によって様々ですが、私はRとPythonを主に使用しています。

最新の手法をキャッチアップ

解析部のメンバー同士で、機械学習やディープラーニングの手法の共有や、R、Pythonなどのパッケージレビューをする勉強会を行っています。時期や状況によって内容を変えながら、常に最新の手法をキャッチアップして業務に活かしていけるように、月に何度か定期的に開催しています。

データサイエンティストの募集要項をみる

D.A.Consortium