ニュースリリース

2015年07月 22日
  • スマートデバイス
  • データドリブン
メッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」とデジタルギフト流通プラットフォーム「ifeelgoods」の連携を開始

PDFファイルを表示(329 KB)

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

【業務提携のお知らせ】
メッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」とデジタルギフト流通プラットフォーム「ifeelgoods」の連携を開始


このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:矢嶋弘毅、以下 DAC)は、伊藤忠商事株式会社(東京本社:東京都港区、代表取締役:岡藤正広、以下伊藤忠)と業務提携を行い、DACのメッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」と、伊藤忠のデジタルギフト流通プラットフォーム「ifeelgoods(アイフィールグッズ)」を連携いたします。両社は、「LINE」のメッセージングサービス上においてワンストップでインセンティブ提供を行うサービスを開始いたします。ifeelgoods社(本社:米国カリフォルニア州、CEO & Co-Founder:Michael Amar)が提供するデジタルギフトを活用したソリューションは、グローバルで既に30ヶ国で展開されています。

◆提携の背景および内容
DACが2014年10月より提供しているメッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」は、LINE ビジネスコネクト(※1)を活用し、広告主が保有する顧客情報とLINEのアカウント情報などを掛け合わせ、各ユーザーに適したメッセージを配信することができるサービスです。プライベート性の高いサービスの中で、効果的なコミュニケーションをとることにより、ユーザーのエンゲージメント創出を促す重要なコミュニケーションツールとして、提供開始以来、多くの企業において活用されています。
一方、「ifeelgoods」は、ワンストップ型のデジタルギフト流通プラットフォームで、既に30ヶ国で展開し、3千万以上のギフト配信実績があります。通常、デジタルギフトプロモーションを実施する場合、様々なプレイヤーとの交渉が必要になりますが、「ifeelgoods」ではプロモーション設計から、コード入手、在庫管理、配布まで全てをワンストップでカバーすることが可能です。

 今回の「DialogOne」と「ifeelgoods」の連携の特徴は、認証完了したユーザーのみにギフト配布が可能な点と、シンプルに運用を行える点が挙げられます。

(※1)LINE ビジネスコネクトについて
「LINE ビジネスコネクト」は、LINE公式アカウントの各種機能をLINE社が企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。企業は、「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来のLINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージ送信や双方向コミュニケーションなどが可能になります。企業は、ユーザーの送信内容や行動に応じてユーザー自身が望む情報を届けることができるようになるため、企業とユーザー相互のOne to Oneコミュニケーションを実現することができます。

■連携イメージ図

■「ifeelgoods」の特徴

●プロバイダーへの一括承認
各プロバイダーにはそれぞれ独自のガイドラインがあり、デジタルギフト配信においてキャンペーン内容、期間、クリエイティブ、フロー等厳しい審査があることから、承認に至るまで数週間から数ヶ月かかることもあります。ifeelgoodsのプラットフォームを利用することで、全てのプロバイダーに一括で承認依頼することが可能になります。

セキュリティ&不正利用防止
現金同様のデジタルコードをifeelgoodsプラットフォーム上で管理することで高セキュリティ性を担保し、窃盗や紛失、不正利用を防止することができます。

コスト&業務負荷の削減
Ifeelgoodsの利用により、ギフト在庫管理費用やギフト配信費用、プロバイダーとの契約業務などのコスト削減、業務負荷削減が図ることができます。

プロモーションルールの設定
キャンペーン毎に以下の設定が可能です。

  • ・ ギフト種別・・・ユーザーが受け取れるギフトが1種類かまたは複数の中から選択させるか
  • ・ ギフト獲得回数・・・1ユーザーに対して同一キャンペーンのギフトの獲得を1回のみ or 複数回のどちらかに設計
  • ・ 国内設定・・・ギフト応募資格を国内ユーザーのみに設定

分析&レポート機能
ご要望に応じた分析、レポートが可能です。

  • ・ リアルタイムモニタリング
  • ・ コード利用トレーサビリティ
  • ・ ユーザーデータ(ロケーション、性別、年齢層、デバイス etc )

◆今後の展開について
「DialogOne」はこれまで、人工知能による会話機能追加(※2)、マルチスクリーン/マルチデバイスのキャンペーンを一元管理するマーケティングプラットフォーム「Experian Cross-Channel Marketing Platform(CCMP)」との機能連携(※3)、そしてスマートフォン向け販促プラットフォームとの連携(※4)を行うなど、各種ツールやソリューションとの提携を行い、継続的に拡大してきました。また、LINE以外のメッセージングサービスとの連携を通じて更にリーチを拡大するなど、クライアントのマーケティングに必要な統合的管理ソリューションを目指してまいります。
DACは今後も、広告主とユーザーがクロスチャネルで円滑なコミュニケーションを楽しめる環境を整えるべく「DialogOne」の機能強化に取り組んでまいります。

(※2)2015年2月18日 プレスリリース 「Jibe Mobileとの業務提携および「DialogOne Agent」 サービス開始のお知らせ」
http://www.dac.co.jp/press/2015/20150218-DOne-JM.html
(※3)2015年2月18日 プレスリリース 「LINE ビジネスコネクトに対応したDACの「DialogOne」とエクスペリアンジャパンの「CCMP」が連携を開始」
http://www.dac.co.jp/press/2015/20150218-DOne-CCMP.html
(※4)2015年3月26日 プレスリリース 「メッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」とスマートフォン向け販促プラットフォーム「Flipdesk」が連携」
http://www.dac.co.jp/press/2015/done-flipdesk.html

以  上

<伊藤忠商事株式会社について>

■ 伊藤忠商事株式会社

 代表者 :代表取締役社長 岡藤 正広
 東京本社所在地 :東京都港区北青山2丁目5番1号
 設立 :1949年12月1日
 事業内容

:総合商社

■ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

 代表者 :代表取締役社長CEO 矢嶋 弘毅
 本社所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
 設立 :1996年12月
 事業内容

:インターネットメディアレップ事業
 アドテクノロジー事業、オペレーション事業等


本件についてのお問い合わせ先
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
 担当: 戦略統括本部広報担当 TEL: 03-5449-6300 e-mail: ir_inf@dac.co.jp

D.A.Consortium

Copyright D.A.Consortium
All right reserved.

IS 87953/ISO 287001

IAB Member